なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

スペシャル リハーサル エディション スクリプト :『ハリー・ポッターと呪いの子』

スペシャル リハーサル エディション スクリプト

 

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部

 

表紙の上部にそう記載されていました。意味はわかりますよ。特別リハーサル版脚本。でもこれだけカタカナが並ぶと、なんだか楽しくなっちゃいませんか?こうゆう気分になる人、他にもいると思うんですよね。

 

著者はJ・K・ローリング、ジャック・ソーン、ジョン・ティファニー

舞台脚本の書籍化です。そのせいか少し、内容が薄いように思ってしまいました。小説ではなく脚本ですから。きっとこの脚本に演出など舞台要素がプラスされて完成するエンターテイメントなのでしょうし。でもワクワクするという面では、原作の「ハリー・ポッター」シリーズに引けをとらないなぁ。と思います。

 

舞台は前作のハリー・ポッターシリーズの19年後、ハリーの次男坊アルバスとマルフォイの一人息子スコーピウスが主人公です。私が気になるのは、ドラコ・マルフォイがこの19年間、どういう人生を送ってきたのかということです。作中、父親としては、ハリーよりもドラコの方が魅力的に見えました。何が彼をそうさせたのか。物語を読むに、マルフォイはすばらしい奥さんを見つけ、結婚したようです。きっとこの奥さんが大きな影響を与えたのでしょうね。奥さんを「自分の光」と比喩もしていましたし、とても大切に思っているようでした。ドラコと奥さんのお話も読んでみたいものです。。。

 

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

 amazonで購入すれば、ホグワーツMAPがついてきたんですね。知らなかった。

久々の紙媒体:『xxxHoLic 戻 4』

吃驚するほど本が読めません。

xxxHoLic 戻 4 CLAMP

時間的に。

通勤時間に読もうと思うのですが、ラッシュが酷くて本を広げることができません。前(夏あたり)は電子で漫画を読んでいたのですが、最近は以前よりもさらに混みあうようになって、スマホすら持てなくなりました。なぜでしょう?冬だから?服の厚み分でしょうか??

 

久々に読みきれた紙媒体がHolic。

記事にするつもりはなかったのですが、久々に紙媒体のものを読みきれた記念で、つい。

CLAMPの作品って、登場人物の服装が凝っていて、私はその中でも特にHolicが好きです。4巻では八百比丘尼の服が好きです。あれも女郎蜘蛛からもらった服なのでしょうか。

八百比丘尼はとても感情の発露が希薄です。長い時を生きて行くと、感情が波立ちにくくなるのかもしれません。・・・というのは私の妄想で、実際の設定はよくわかりません。ただ、良くしてくれた人が死ぬと、自分の霊を削って赤い真珠をつくるなんて、人として生きていた頃は感情が豊かだったのではないかなぁ、なんて。

最近私自身が自分の感情がよくわからなくて、それと勝手に重ねあわせてみてしまったんです。よくわからないというよりは「何も感じない」といった感じですが。昔は嬉しい悲しい楽しい悔しい、もっとはっきりとしていた気がするのですが。年齢を重ねていくと、こういう傾向になるのでしょうか?だとしたら、今後ますます感情は薄くなっていくのでしょうか?

 

 

×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

 

 

それだけ、穏やかな生活を送れているということですかね。。。

新たな発見:『PK』

友人推薦。文庫版貸していただきました。

 

PK  伊坂幸太郎

 

 友人は伊坂幸太郎ファンで、中でもこのPKがお気に入りだそうです。文庫もハードカバーも持っているとのこと。あまりものに執着しないような人物なのですが、そんなこだわりを持って2冊も揃えるなんて、と少しびっくり。

 

 「PK」「超人」「密使」の三篇が収録されています。それぞれが独立しているけど、部分部分繋がりがある、と。「密使」を読むあたりまで、私は一部二部三部みたいな感じで完璧な長編小説となっていて、一冊で起承転結があると思って読んでいたんです。三部でクライマックスね!と。・・・そのわりに、なんだか話が繋がっていないし、妙だなぁと思っていたら、それぞれが独立していたみたいで。でも、三篇で一つの長編という解釈も可能みたいです。タイムトラベルもの・・・みたいなので。すこし釈然としない部分もありますし、あまり華のないストーリーですが、技巧が散りばめられた作品群だなぁと思います。楽しむには2周目が必要そうです。でももう、持ち主に返しちゃうんですけど。随分長いこと借りっぱなしにしていたので。

 

PK (講談社文庫)

PK (講談社文庫)

 

 

 

 友人がこんな技巧的な小説を好んでいるとは、意外でした。人がお勧めする本を読むのって、その人についても新たな発見があって面白いものですね。

10年後も美味しいご飯が食べたくて:『10年後、生き残る 理系の条件』

自分の先行きに不安しかないので。

 

10年後、生き残る 理系の条件  竹内健

 私はなんちゃって理系です。まだペーペーな私ですが、業界の技術進化のスピードが高速なのは感じています。いまの職で、自分の脳力で、今後食っていけるのかとても不安です。

 

 キャリアデザイン関係の実用書の内容としては、目新しくはないかもしれませんが、大変わかり易く整理されたものでした。自分に何が足りていないのか、これからどうやって・どんな能力を身につけて行くべきなのか、どういった考え方で進めばいいのか…の指標になりそうです。

 

 

10年後、生き残る理系の条件

10年後、生き残る理系の条件

 

 

 

疲れないミステリー:『「ジョーカー・ゲーム」シリーズ』

TVアニメから入った口です。

 

ジョーカー・ゲーム」シリーズ  柳広司

 裏表紙の内容紹介に、「スパイ・ミステリ」と書いてあったので、ミステリーという分類で良いのでしょうか。ミステリーは嫌いではないのですが、読むと疲れてしまいます。頭を使うのがどうも苦手なのです。でも、このシリーズはまったく疲れませんでした。さくさく進む。決して内容が薄いというわけではありません。文章が端的だから、謎解き的な場面もわかりやすいのでしょう。

 とにかく面白かった。こんなにページを捲る手がとまらない本は久しぶりです。続きが気になって、自分の読むスピードの遅さすらもどかしいというよくわからない感情になりました。

 

 印象に残る言葉も多かったです。とくに結城中佐というスパイ元締めの言葉はハッとさせられるものが多かった。

何かにとらわれて生きることは容易だ。だが、それは自分の目で世界を見る責任を放棄することだ。自分自身であることを放棄することだ。

ジョーカー・ゲーム』 XX p.254

私はこれが一番印象的だったかな。

  

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

 

 

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

 

 

パラダイス・ロスト (角川文庫)

パラダイス・ロスト (角川文庫)

 

 

ラスト・ワルツ (角川文庫)

ラスト・ワルツ (角川文庫)

 

 

アニメもかっこよかったですよ。 

 

学生時代に戻りたい:『四畳半神話大系』

 

大学生時代、私が「時間が無限にある感」をしょっちゅう感じてました。

そして気づいたら卒業していました。ダメな学生の典型です。

 

四畳半神話大系  森見登美彦

友人の家に遊びに行ったら、この本を押し付けられました。本を買う金にも困っていたので、ありがたく頂戴しました。友人は「この本の主人公とは気が合わない」と感じて、数ページで読むのをやめてしまったそうです。主人公と気が合う合わないなんて、私はあまり気にしたことなかったので、そんなことで読むのをやめてしまうというのが驚きでした。

 

数ページ読んで、確かに少し癖の強い主人公だと思いました。だけど読み進めていくと、もっと癖がある登場人物達が出てきて、主人公が普通でまっとうな人間に感じられるようになりました。

 

内容は・・・どんな選択肢を選んでも、結果はあまり変わらない、というお話ですか。つまり、私の学生時代だって、入学当初にリア充サークルに入ろうが、文化祭実行委員会に入ろうが、ブラジルに留学しようが、ダメ学生だということで良いですか?笑 そう言ってもらえると、気が楽になるような残念なような。。。

 

森見登美彦さんの本は初めて読んだのですが、この独特な厳しい?古臭い?文章は、他の作品でも共通なのでしょうか?

 

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 

そういえば、電車の中でこの本を読んでいたら、となりに立っていた女性(30代?)が『夜は短し歩けよ乙女』を読んでいて、嬉しくなってしまいました。たまたま隣の人が同じ作家を読んでいるだけで、ドキドキするなんて我ながらおめでたい人間です。そしてその女性をまじまじと見つめ続けてしまい、それに気づいた女性からはとても嫌な顔をされてしまいました。辛い。

 

人生の脇役:『岡崎に捧ぐ』

ひさびさに帯に引っかかって購入。

1990年代、ある町の小学生「山本さん」と「岡崎さん」の本当にあったお話。

岡崎に捧ぐ   山本さほ

岡崎「私きっと山本さんの人生の脇役として産まれてきたんだと思う」 

帯にこのセリフが書かれていたんです。思わず手にとってしまいました。

この発言、今の私から見ると少し病的に感じるのですが、私も小学生の時分そう思う・・・そう思いたい?ことがよくありました。憧れの同級生がいて、ひたすらその人に尽くしたい衝動にかられていました。従者願望があったんですね。その「憧れの同級生」というのはけっこう短期間でコロコロ変わるのですが。笑

あと、親友というか・・・お互いがお互いを「唯一無二の存在」だと認める関係を欲していました。何を勘違いしていたのか「今日から親友ね!」という発言をしていた記憶があります。なんとまあ強欲なのでしょう。笑 親友なんて今日からなろうと思って、なれるものではないでしょうに。

・・・読中そんな自分の小学生時代を思い出して、悶絶していました。あ、岡崎さんがそういう行動をとっていたわけではありませんよ。ちなみに上の岡崎さんの発言を受けた山本さんのセリフは「自分の人生楽しみなよ・・・」でした。ごもっとも。でも咄嗟にこの返しができる小学生って、自分をしっかりもっていて、すごいと思います。

 

 

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

 

 

続き買おうと思ってます。でももともとnoteに掲載されていたものなので、そっちで読むのもアリかな、と。