なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

随筆・エッセイ

本と妄想:『本の時間を届けます』

本の時間を届けます 本に関わることを生業とする女性たちについて書かれた本。 主に仕事の昼休憩中に読みました。なのでこの本を読んで、現実から離れて、本屋の店主になった自分を妄想したりして過ごしましたね。なんだかパッとしない現実逃避の仕方。 最近…

お金:『花森安治』

無印良品の本2。 花森安治 花森安治は雑誌『暮らしの手帖』の初代編集者だそうです。 本書は『柳 宗悦』と同じように、いくつかの短編エッセイや詩が入っています。 前半までは作品のチョイス的に、「美しく生きる」ということだけを考えているような作品が…

細マッチョ:『柳 宗悦』

無印良品から本が出てたんですね〜と思って買いました。 柳 宗悦 柳宗悦。民藝運動の人ですね。 実用品の美について綴った・・・論文?エッセイ?です。 最近ジムに行き始めました。筋肉をつけようと思って。でもただのデスクワーカーである私が、ジムでつけ…

今年は鈍感でした:『世界をきちんとあじわうための本』

去年末に書いてた記事。 その後、端末を壊すなどしてバタバタした年末年始で公開できませんでした。 今年もなんとか更新していきたい。。。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2017年ももう終わりですね。早いなぁ。 世界をきちんとあじ…

いつか別れる。それは今日だった:『いつか別れる。それは今日ではない』

この本を読んでいる間に恋人と別れました。 『いつか別れる。でもそれは今日ではない』 F 2人でいるよりも、1人でいるほうが楽しいと思ったからです。 著者のFさんのことは、ツイッターで知っていました。 本が出るのもそこで知りました。 色々と騒ぎはあ…