なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

あなただけのわたしだけの人生:『自分再起動』

少し前に読んだ本です。

 

人生は一回きりで、人はみないつか死ぬ。そのことをよくよく考えれば、自分がやりたくもないことにうだうだ時間を使ってる暇はないはずです。自分のやりたいことをスケールの大小にとわず、取り組むべきです。
自分がやりたいことに関して目標をたてて取り組む。これは自分の内面を変え、人生に大きな変化を与えます。このような取り組みを、本書では「クエスト」といいます。
クエストがクエストたりえる条件は以下の4つです。
 
 
  1. 明確な目標とはっきりした終わりがある
  2. やり遂げるのに困難が伴う
  3. 何らかの犠牲を必要とする
  4. しばしば使命感によって導かれる
  5. いくつかの段階を進む(数値で表せる進歩があるとさらによい)
 
クエストというのは、何もいかにもありきたりな「世界旅行」などでなくてもよいのです。例えば本書に載っている例としては、「世界のすべての国のレシピを毎週1品ずつ作る」「全米50州をまわりながら各州で必ず1回デートをする」などなど。要するに、自分がやりたいもの、やるべきだと思ったものを、クエストにすべきなのです。中には「車に一切乗らない。また、一言もしゃべらない」なんていうのもありました。
 
クエストを達成したら、あるいは失敗に終わったらどうするのか・・・。取り組んだクエストについてしっかり反省したのち、新たなクエストに取り組みます。その繰り返しによって、あなただけの人生が創られるのです。
 
 

 

この本を購入した頃、自分の人生ってなんなんだろう。自分は何がしたいのだろう?何にも縛られないで自由に気ままに生きることができたらどんなにいいか・・・・。と、考える状況にありまして・・・。本屋でたまたまこの本を見かけて、表紙にかいてあった「自由度の高い人生を生み出す」という文句につられたというわけです。この本に私が欲しい答えが書いてあったわけではありませんが、せっかく読んだのでアップしました。

 

 

 

自分再起動

自分再起動

 

第1部 本当の人生を始める準備

第2部 自分を変えるクエスト

第3部 新しい自分と出会ったら