読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

リーダー論:『銀魂 第63巻』

 

好きな巻ですね。

 

銀魂 第63巻

 

なにせギャグがありますし。今アニメ銀魂もやってますが、さらば真選組篇でどシリアスな感じが、辛いです。笑

桂、坂本、銀時がそれぞれ中ボスと戦って勝利する展開なんですけど、それぞれがそれぞれに大いにボケていて笑いどころがたくさんありました。ボケボケすぎて、敵さんが不憫で・・・敵のほうを応援したくなってしまいます。バトルと過去エピソードとギャグの成分が均等な感じ。

 

今回はリーダー論が含まれている、エピソードが多かったです。桂と坂本の場面ですかね。

君主とは空の船のようなものじゃ

by陸奥 が一番好きかな。船員がいなきゃ船は動けない。これ意識してほしい人います。笑 自分がリーダーのような立場になったときも忘れないようにしたい言葉です。

 

 

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

 

 

「クライマックスなのは漫画読んでれば解る話〜」(質問コーナーでの空知先生の言葉)か・・・。そんなことわかってはいるし、ネットニュースでも見ましたけど、いざ作者の字面で見ると寂しいです。