読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

子どもの世界:『円卓』

西加奈子好きの友人が勧めてくれた本です。

 

『円卓』:西加奈子

 

とても読みやすかったです。さくさく読めました。

 

小学3年生のこっこの日常を描いた話。愛すべきキャラクターを持つ小学生がら中学生までの子ども達が多く登場し、子どもの世界独特の明るい輝き、それでいてカオスな雰囲気が味わえます。ストーリ上、特に大きな山場があるわけではありませんが、楽しく読めます。

 

子どもの世界って少し怖い気がします。子どもって大人が思うよりきっと大人な世界に住んでいるんでしょうけど、けどやはり無邪気なところもあって。。。ときどき大人から見ると酷く薄情で残忍なことを言ったり行ったりして、ゾッとすることがあります。

 

私は上記のような、楽しくもときどき恐いような感情を覚えたのですが、勧めてくれた友人はまったく違った感想を持ったようです。当たり前ですけど、読む人によって感じることが違うのは面白いですよね。

 

 

円卓 (文春文庫)

円卓 (文春文庫)

 

 


地元に帰ってしまい、遠くはなれてしまった友人。向こうでも元気に頑張って。