なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

滅びの美学:『斜陽』

滅ぶとわかっているものって、どうして魅力的なのでしょうか。

 

『斜陽』 太宰治

たぶんストーリー性があるからでしょうか。

作中に漂う退廃的な雰囲気、大好物です。

ただ主人公のかず子の気持ちが、私にはいまいちわかりません。革命・・・革命?革命したいという気持ち、わからないなぁ。特に最後のあの人に向けた手紙の部分。さっぱりぱりんや。

 

最近あまり時間がとれず、本を読んでも読みっぱなし。活字を右から左に流すだけで・・・なんだか嫌だなぁ。

 

実際に手にした文庫本のAmazon商品紹介を貼ろうと思ったのですが、どうやら存在しないようです。母の本なので、古いものですし・・・絶版してしまったのかな?