なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

新たな発見:『PK』

友人推薦。文庫版貸していただきました。

 

PK  伊坂幸太郎

 

 友人は伊坂幸太郎ファンで、中でもこのPKがお気に入りだそうです。文庫もハードカバーも持っているとのこと。あまりものに執着しないような人物なのですが、そんなこだわりを持って2冊も揃えるなんて、と少しびっくり。

 

 「PK」「超人」「密使」の三篇が収録されています。それぞれが独立しているけど、部分部分繋がりがある、と。「密使」を読むあたりまで、私は一部二部三部みたいな感じで完璧な長編小説となっていて、一冊で起承転結があると思って読んでいたんです。三部でクライマックスね!と。・・・そのわりに、なんだか話が繋がっていないし、妙だなぁと思っていたら、それぞれが独立していたみたいで。でも、三篇で一つの長編という解釈も可能みたいです。タイムトラベルもの・・・みたいなので。すこし釈然としない部分もありますし、あまり華のないストーリーですが、技巧が散りばめられた作品群だなぁと思います。楽しむには2周目が必要そうです。でももう、持ち主に返しちゃうんですけど。随分長いこと借りっぱなしにしていたので。

 

PK (講談社文庫)

PK (講談社文庫)

 

 

 

 友人がこんな技巧的な小説を好んでいるとは、意外でした。人がお勧めする本を読むのって、その人についても新たな発見があって面白いものですね。