読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

久々の紙媒体:『xxxHoLic 戻 4』

吃驚するほど本が読めません。

xxxHoLic 戻 4 CLAMP

時間的に。

通勤時間に読もうと思うのですが、ラッシュが酷くて本を広げることができません。前(夏あたり)は電子で漫画を読んでいたのですが、最近は以前よりもさらに混みあうようになって、スマホすら持てなくなりました。なぜでしょう?冬だから?服の厚み分でしょうか??

 

久々に読みきれた紙媒体がHolic。

記事にするつもりはなかったのですが、久々に紙媒体のものを読みきれた記念で、つい。

CLAMPの作品って、登場人物の服装が凝っていて、私はその中でも特にHolicが好きです。4巻では八百比丘尼の服が好きです。あれも女郎蜘蛛からもらった服なのでしょうか。

八百比丘尼はとても感情の発露が希薄です。長い時を生きて行くと、感情が波立ちにくくなるのかもしれません。・・・というのは私の妄想で、実際の設定はよくわかりません。ただ、良くしてくれた人が死ぬと、自分の霊を削って赤い真珠をつくるなんて、人として生きていた頃は感情が豊かだったのではないかなぁ、なんて。

最近私自身が自分の感情がよくわからなくて、それと勝手に重ねあわせてみてしまったんです。よくわからないというよりは「何も感じない」といった感じですが。昔は嬉しい悲しい楽しい悔しい、もっとはっきりとしていた気がするのですが。年齢を重ねていくと、こういう傾向になるのでしょうか?だとしたら、今後ますます感情は薄くなっていくのでしょうか?

 

 

×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

 

 

それだけ、穏やかな生活を送れているということですかね。。。