なんとなく読書感想文

小説:実用書:漫画=1:1:1。活字を読んでいるだけでそれなりに楽しい、というおめでたい頭の持ち主なのであまり書評的なことはしません。ただの感想文。流行にはついていけてません。

スペシャル リハーサル エディション スクリプト :『ハリー・ポッターと呪いの子』

スペシャル リハーサル エディション スクリプト

 

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部

 

表紙の上部にそう記載されていました。意味はわかりますよ。特別リハーサル版脚本。でもこれだけカタカナが並ぶと、なんだか楽しくなっちゃいませんか?こうゆう気分になる人、他にもいると思うんですよね。

 

著者はJ・K・ローリング、ジャック・ソーン、ジョン・ティファニー

舞台脚本の書籍化です。そのせいか少し、内容が薄いように思ってしまいました。小説ではなく脚本ですから。きっとこの脚本に演出など舞台要素がプラスされて完成するエンターテイメントなのでしょうし。でもワクワクするという面では、原作の「ハリー・ポッター」シリーズに引けをとらないなぁ。と思います。

 

舞台は前作のハリー・ポッターシリーズの19年後、ハリーの次男坊アルバスとマルフォイの一人息子スコーピウスが主人公です。私が気になるのは、ドラコ・マルフォイがこの19年間、どういう人生を送ってきたのかということです。作中、父親としては、ハリーよりもドラコの方が魅力的に見えました。何が彼をそうさせたのか。物語を読むに、マルフォイはすばらしい奥さんを見つけ、結婚したようです。きっとこの奥さんが大きな影響を与えたのでしょうね。奥さんを「自分の光」と比喩もしていましたし、とても大切に思っているようでした。ドラコと奥さんのお話も読んでみたいものです。。。

 

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

 amazonで購入すれば、ホグワーツMAPがついてきたんですね。知らなかった。